今年こそ失敗しない!クローゼットの中身を賢く入れ替える4つの心得!

0

ミニマリストが流行っていますが、筆者はモノに囲まれた生活が好きです。だからこそ、季節の変わり目ごとにクローゼットの新陳代謝を心がけて、モノが増え過ぎないようにしています。頂きモノや飽きてしまったモノを上手に手放していけたら苦労しませんよね。

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_m

その1.自分に必要なものを見極めるには?

48e3fa745d446f8528d0f66d2e2c0815_m
ショッピングは、ある意味、恋と似ていると思いませんか?出会ったときのインスピレーションやときめきは、その後の扱いの丁寧さに比例します。「安いから」買ったものは、扱いもそのようになりますし、ときめいて買ったものは、身につけなくなっても、そばに置いておきたかったりします。要る要らないを決めるポイントは、その服が手元にあると気持ちがアガるかどうかではないでしょうか。多少サイズがパツパツでも、好きなら手元に置きましょう。そうです。痩せるかもしれませんからね。でも惰性だと思ったら別れ時。名残惜しいけれど、さようならです。次の素敵な出会いのために。

その2.チャンスの神様の足は速い

873bc1861396e42729318c2259ca3a16_m
もし、好みに合わないプレゼントをもらったらどうしますか?2~3年はクローゼットに寝かせておいて、ほとぼりが冷めた頃に処分しますか?ご存知の通り、ファッションの世界は日々目まぐるしく変わっていきます。あなたのテイストではないものをいただいたら、できるだけ早く他人に譲るのが賢明です。もしもブランド品ならば、買い取ってもらうことで、あなた好みの何かに替えることもできます。寝かしておいても価値がさがるだけで何も特になりません。早さが命です。

その3.欲しいときが手放しドキです

手放す時には、季節感が大事です。春に冬服を手放しても、誰も見向きもしてくれません。春物ならば2月終わりくらいからでしょうか。夏物は5~6月、秋物は9月、冬物は11月くらいなど、自分が欲しいと思うときに売りに出すのが一番のタイミングです。どうせ手放すなら、少しでもお小遣いになったり人の役に立ったりしたいですものね。「この季節にはこれを処分する」と決めておくことで、締め切り効果も期待できます。
また、欲しいアイテムは、1つ手に入れる前に2つ以上手放しましょう。感覚を研ぎ澄ませて「好きなモノ」だけに囲まれるために。
ba546e8a6ef3bcc40db32ab2b75bea7f_m

その4.服に合わせて方法やお店を選びましょう

手放すモノが決まったら、次は、手放す方法です。友人・知人にあげる、寄付する、フリマやネットオークションにだす、リサイクルショップに売る…などでしょうか。
このとき、ノーブランドからとっておきの1枚まで、全部を近所のリサイクルショップに丸投げで売るのが一番もったいないです。かといって知人に譲るのは、意外と行方が気になります。ぞんざいに扱われるのを目にして心が痛んだり、逆に大切にされているのを見て未練がでたり…。フリマやオークションは、好きな方はいいですが、結構手間がかかります。簡単なのは、やはりリサイクルショップでしょうか。ただ、手放す服が決まったらまず、ノーブランド、そこそこブランド、ハイブランドと、最低でも3つには分けましょう。あとは最寄りのリサイクルショップの特徴を調べて持っていきます。ハイブランドに関しては、専門店の、郵送するだけで査定してくれるサービスもあるそうです。試したことのない方は、一度WEBサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。査定は無料です。査定額が気に入らなければ売る必要はありませんので、ゆっくり得なお店を探してくださいね。

いかがでしたか…?

ときめきが薄れたモノに囲まれていると、心がくすんできます。身体もクローゼットも新陳代謝のよいほうがイキイキしてきますよね。スッキリしたクローゼットは風通しも良くなり、きっと、次の素敵な「はじめまして」が訪れることでしょう。

COMMENTS
あなたのお洋服、
高く売りませんか?
Let's sell your
sleeping clothes at high price!